太陽光発電システムの導入から設置までの流れ

太陽光にどれくらいの費用がかかるか見積もり依頼

太陽光見積もり依頼まずは、自宅の屋根にどれくらいの容量の太陽光発電システム設置できるのかを販売施工会社に見積もりを依頼します。

依頼時に把握しておきたいのは、自宅の屋根の向きと屋根の形状です。事前に建築図面を用意しておくと販売施工会社は喜んでくれます。

一括見積もりサービスは、いくつかの項目を選択・入力するだけで簡単にできます。

簡単な見積もり結果から、おおよその工事費用や発電量がわかりますので、販売施工会社に現地調査をお願いして、正式な見積もり結果を出してもらいましょう。


太陽光設置に関する現地調査

太陽光の現地調査 太陽光発電システムは、屋根の向きや屋根の勾配(設置角度)などによって発電量が大きく変わってきます。
太陽光の現地調査では、日照時間も含めた設置環境による発電量を試算してもらうことになります。

さらに、現地調査では屋根の強度も調べます。屋根の素材や老朽化の具合によって、補強工事が必要になったり、メーカー保証が降りなかったりすることもあります。
また、屋根の角度によって、ソーラーパネルを設置するための架台工事が別途必要なこともあります。

それらの結果を踏まえて、導入する太陽光発電システムのメーカーを決めます。導入するシステムを決めれば、より詳細な発電シミュレーションも可能になります。
導入コストが何年後に回収できるかも予測できるようになります。


太陽光販売施工会社と正式契約

正式契約現地調査終了後、太陽光販売施工会社から太陽光パネル(ソーラーパネル)の配置図面、設置後のシミュレーションなどがとあわせて、見積書が提出されます。

導入する太陽光発電システムの価格だけでなく、自宅で発電できる電気量、売電できる電気量、設置工事費、国と地方自治体の補助金などを考慮し、正式に契約を結びます。


太陽光の設置工事

太陽光パネルの設置太陽光の販売施工会社と契約を交わしたら、太陽光パネル等の入荷後に設置工事になります。

太陽光パネルの入荷は、時期によって異なりますが、在庫が豊富な時期なら2週間程度で入ってきます。

設置工事は、ソーラーパネルを設置するための架台を組むところからはじまり、ソーラーパネルを設置し、パワーコンディショナーなどの周辺機器を取り付け、さらに配線工事を行います。

屋根の補強工事や断熱工事がなければ、工事期間は2~3日で終了します。

電力会社との売電契約の開始
太陽光発電システムで余った余剰電力を電気会社に売るための、電力受給契約(売電手続き)を結びます。

この契約は、太陽光の契約と合わせて行い、工事完了後から売電が開始されます。

おすすめの太陽光見積比較ランキング

 太陽光見積もりランキング1位太陽光発電見積もり比較サイト「タイナビ」
line

太陽光発電見積もり比較「タイナビ」タイナビをおすすめする理由は2つあります
  • 実績(利用者数100万人を突破)がある
  • 利用者の91.2%が良かったと答えている
タイナビの登録会社は、厳選な審査を行い悪質業者を排除しています。訪問販売会社のようなしつこい営業がなく安心であることなどです。
ポイント こんな人にオススメ!
「とりあえず見積もりだけでも」という方も安心して依頼できます。
対応エリア ご利用金額 評価
全国 無料 5点

『詳細・申込』はコチラ!


 太陽光見積もりランキング2位価格.com – 太陽光発電
line

太陽光発電見積もり比較「価格.com」太陽光の施工に関する口コミ情報が人気です

  • 価格.comの太陽光見積もりサービスを利用すると以下のメリットがあります。
  • 全国300社以上の施工販売店から最大5社へ見積もり依頼ができる。
  • 簡単入力で約1分で見積もり依頼ができる。
  • 補助金などのチェックができる。
ポイントこんな人にオススメ!
太陽光の豊富な情報を知りたい方

対応エリア 料金 評価
全国 無料 4点

『詳細・申込』はコチラ!

太陽光見積もりランキング3位太陽光発電一括見積.com
line

太陽光発電見積もり比較「一括見積もり.com」太陽光発電一括見積もり.comを利用すると以下のメリットがあります。

  • 太陽光発電システムの相場がわかる。
  • 地域の販売店を見つけることができる。
  • 良心的な販売業者が登録している。
  • 自分の地域の補助金情報がわかる。
    ポイント こんな人にオススメ!
地域に特化した情報を知りたい方
対応エリア 料金 評価
全国 無料 4点

『詳細・申込』はコチラ!

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ